美食家として知られる西太后の食事を管理する責任者として使えた厲家の子孫がレシピを受継ぎオープンした宮廷家常菜のお店です。胡同という北京の古い街並みの残るエリアにあります。タクシーでは中まで入ることができないため、途中で降りてあとは徒歩でお店を探します。ここがレストラン?と思うくらいの細い路地を通り抜けると、ここがレストラン??と再度確認しまうほど質素な部屋に到着。料理はすべてコース料理で、お値段は一番安いコースで200元(3,300円)、高いコースだと2000元(33,000円)くらい。高いコースでは、ふかひれや干し鮑、燕の巣などの高級食材が並びますが、家常菜のお店でなので、おすすめは200元また300元程度のコースです。

中国北京西城区德胜门内大街羊房胡同11号
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g294212-d1145449-Reviews-Family_Li_Imperial_Cuisin-Beijing.html

 

レイカサイCIMG9523CIMG9537

  • 行ったよ! (0)
  • 食べたい! (0)
LINEで送る